学科クイックリンク

HOME > 学校ブログ > 学校からのお知らせ

学校BLOG

体験入学BLOGはこちら

奨学生試験制度受験について

2017.11.21(火)

11月20日(月)をもって、奨学生制度受験希望の方の出願は締切となりました。

既にAO入学、推薦入学で奨学生制度受験を希望されている方には、今週末頃に集合時間、面接時間を通知致します。


では、日時等を改めて、、、

面接試験日:2017年12月9日(土)

試験会場 :札幌(本校)、旭川、帯広、北見、函館、釧路

試験内容 :グループ面接

試験結果 :12月19日頃に結果を通知

特待生選出:初年度授業料全額(64万円)免除

給費生選出:初年度授業料半額(32万円)免除

特別推薦生選出:初年度授業料一部(10万円)免除

※受験者の約20%の方がいずれかの奨学生に選出されます。


奨学生試験についてのお問合せは本校入学相談室までご連絡下さい。

「奨学生試験制度」出願締め切り迫る!!

2017.11.14(火)

 第四期AOエントリー者・推薦入学(指定校推薦・学校長推薦・自己推薦)で奨学生試験制度を受験希望の方は、11月20日(月)が出願締め切りとなります!

特待生に選出された方は、初年度授業料が全額免除に!

お急ぎ、必要書類をご準備頂き、郵送頂くか、本校までご持参下さい!

お問い合わせは、本校入学相談室までご連絡下さい。

℡:0120-616-776 Mail:kankou@keisen-g.ac.jp

詳しくはdownwardleft

【2018年度新入生向け募集要項】

2017ホテルJack③~レストラン編~

2017.10.24(火)

ラストは、レストランチームrestaurant

他のチーム同様に、事前打ち合わせを重ね、何度もメニュー考案でホテルに出向き、どうしたらお客様は満足してくれるのだろうか、どんな演出を、どんなサプライズをしようかと学生達は必至に考えていました。

4R.JPG

まずは会場スタンバイからスタート!

1R.JPG

2R.JPG

3R.JPG

予約のテーブル人数に合わせたセットをしつつ、バーではカクテルに添える果物をカットしていきます。

6R.JPG

スタンバイ完了!

5R.JPG

一日限りのレストラン、まもなく開店致します。

7R.JPG

店名は「LA PENDULE」

振り子時計を意味し、「ごゆっくり過ごしていただきたい」、という想いから命名。

FURIKO.JPG

8R.JPG

オープン前、最終打ち合わせをし、予約の確認、各役割の再確認を行いいざOPENsign01

9R.JPG

10R.JPG

宴会チーム同様、料理を作る以外の全てを学生が担当します。

BER.JPG

BER2.JPG

13R.JPG

12R.JPG

DSC_1645.JPG

DSC_1709.JPG

あっという間に営業終了時間を迎え、翌日の朝食会場へのドンデンをし終了となりました。

ご利用頂いた全てのお客様、本当にありがとうございました。

そして、毎年会場を提供していただいている、プレミアホテル中島公園 札幌様、ありがとうございました!


このホテルJackを経験した学生は、今まで学んできた成果を発揮するとともに、ホスピタリティーマインドを身に付け、他のセクションとの連携の重要性に気付き、多くの人の力でサービスが成り立っていることを実感し、プロとしての一歩を踏み出すことができました。


さて、来年はどんな「Jack」になるのか、お楽しみにnote

そして、このリアル実践型研修を受けた学生のサービスを受けれるオープンキャンパスを開催致しますnote

☆12月16日(土曜日)11:00~15:00☆

shinebirthdaypresentxmasrestaurantクリスマスフルコースランチ オープンキャンパス開催restaurantxmaspresentbirthdayshine

IMG_6816.JPG

IMG_6826.JPG

30名限定、完全予約制となります。

お申込みはコチラからどうぞsign01

【オープンキャンパス申込み」

2017ホテルJack②~宴会編~

2017.10.24(火)

続いて、宴会チーム。

宿泊チーム同様に、ホテル側と打ち合わせを重ね、お客様役である、ホテル科1年生に対し、何を提供するのか、どんなおもてなしをするのか、約2時間のパーティを含む、前後のセミナーのスタンバイ、時間配分等考えながら、創り上げていきます。

1B.JPG

まずは、セミナー会場のスタンバイからスタート。

2B.JPG

何をしているか...?

テーブルで間隔を測りながら、ピシッと整列するように並べていく作業なんです。

4B.JPG

お水もセットして、いざお客様をお迎えします。

5B.JPG

セミナーが開催されていますが、裏では...

3B.JPG

その後に控える、パーティのスタンバイが始まっています。

そして、セミナー終了!

セミナー→パーティの間は1時間しかありません!

会場の切り替えし、すなわち「ドンデン」が始まります!

6B.JPG

円卓出して

7B.JPG

テーブルセットして

DSC_1319.JPG

スタンバイ完了!

8B.JPG

9B.JPG

お料理も

10B.JPG

12B.JPG

ドリンクも、もちろん学生がサービス。

料理を作る以外の全てを学生だけで行います。

11B.JPG

パーティ終了後は、翌日の会場スタンバイを行い、終了となりました!

13B.JPG

最後に、宴会チームとホテル科1年生全員で集合写真!


ラストは、レストランチームのご紹介です!

2017ホテルJack①~宿泊編~

2017.10.24(火)

2017年10月19日(木)、20日(金)と二日間にわたり「ホテルJack」が行われました。

会場となるのは、「プレミアホテル中島公園 札幌」

IMG_7205.JPG

~ホテルJackとは~

2年次10月に実際のホテルを使用し、学生が主要3部門(宿泊部門・宴会部門・レストラン部門)に分かれて、一連のホテルオペレーションを実施。

お客様はもちろん、一般のお客様。

各チームに分かれた学生は、約2か月間の準備期間を経て、当日に臨みます。

経専観光だけの特別なリアル実践型研修。

まずは、宿泊チームよりご紹介致します。

2か月前からの準備。さて何をしたかというと。。。

ホテル側と打合せを重ね、ホテルjack特別宿泊プランを作成してもらい、ホテルのホームページにアップ。集客を図ります。

そして当日。

画像はありませんが、お客様が宿泊されるお部屋のルームメイクからスタートsign01

スタンバイが終わり、1階ロビーでお客様をお迎えします。

R3.JPG

R2.JPG

チェックイン業務もこなし、お客様をお部屋へご案内しますdelicious

R7.JPG

R8.JPG

R10.JPG

翌日は、朝から新聞配布、ロビー周りのセット。

一泊二日のオペレーションをシフト制でコントロールし、無事に終了sign03

R12.JPG

次は、宴会チームをご紹介致します!

2017ブライダルJack③披露宴後編

2017.10.23(月)

一通りの盛り上がりをみせ、パーティはクライマックスへ...

Photograph.RN-595.jpg

キャンドルサービスへ。

~キャンドルサービスとは...~

キリスト教式で行われるセレモニーの一つで「ユニティキャンドル」がきっかけ。
祭壇に飾られた三本のろうそくのうち、両サイドをのろうそくをお互いの母親が火をともします。
そして真ん中のろうそくを新郎新婦が、一緒に点火します。
これには、両家の火を絶やさず、次の世代に引き継いでいくという意味があります。
これらの風習が日本にもわたり、今のキャンドルセレモニーの演出のもとになっています。

また新郎新婦から幸せの火をおすそ分けするという意味もあり、参列者全員で幸せな気分になれる演出です。それだけでなく会場全体も暗くなるので、ろうそくの火の幻想的な光が会場の雰囲気を一気に変えてくれます。

Photograph.RN-577.jpg

全ての卓を周り、メインキャンドルの点灯へと移りますcrown

Photograph.RN-623.jpg

Photograph.RN-634.jpg

そして、新郎新婦がご両親へ感謝の気持ちを込め、お手紙と花束を贈呈します。

Photograph.RN-643.jpg

.........

Photograph.RN-665.jpg

もう言葉はいりませんね。

Photograph.RN-638.jpg

Photograph.RN-671.jpg

Photograph.RN-680.jpg

すべてのセレモニーが滞りなく進行し、締めの乾杯となり、

お開きになったと思ったときsign03

いきなり場内暗転sweat01

Photograph.RN-701.jpg

今回、ブライダルJackを担当したブライダル科2年生からのサプライズ演出。

shineダーズンローズshine」の演出ですheart04

~ダーズンローズとは...~

新郎がバラの花束を新婦に手渡してプロポーズし、OKであればその1本を新郎の胸に刺すという演出。

ダーズンローズとは12本(1ダース)のバラのことです。

12本のバラにも意味があり、感謝、誠実、幸福、信頼、希望、愛情、情熱、真実、尊敬、栄光、努力、永遠という12の意味を持っています。

今回は、一人ひとり学生からお二人へ感謝の言葉と共に、12本のバラを差し上げました。

Photograph.RN-702.jpg

Photograph.RN-705.jpg

Photograph.RN-707.jpg

Photograph.RN-710.jpg

Photograph.RN-712.jpg

Photograph.RN-715.jpg

Photograph.RN-717.jpg

Photograph.RN-719.jpg

全員の感謝の気持ちを込めたバラを新郎に。

Photograph.RN-722.jpg

新郎から新婦へ、感謝の気持ちを込めたメッセージを。

Photograph.RN-726.jpg

Photograph.RN-736.jpg

Photograph.RN-739.jpg

ほんと、幸せそうなお二人heart04

感動的なサプライズもあり、大感動、大感涙のパーティはお開きとなりました。

Photograph.RN-749.jpg

その後、会場内には、お二人、ご親族のみなさま、そしてブライダル科2年生が。

Photograph.RN-779.jpg

新郎新婦お二人からの言葉と、ブライダル科2年生からの改めての感謝の言葉が...

Photograph.RN-793.jpg

Photograph.RN-802.jpg

Photograph.RN-816.jpg

Photograph.RN-808.jpg

私達にご協力していただいた新郎新婦様、そしてご両親、親族の皆様、本当にありがとうございました。

素晴らしい会場を提供頂いたホテルの皆様にも改めて御礼申し上げます。

準備期間約半年、本番約3時間。あっという間の一日でした。

ウェディングという、一生に一度の一大イベント。

お二人の理想を伺い、その理想を「カタチ」にしていく難しさ... 

いくつもの壁を乗り越え、ようやくこの素晴らしい日を迎えることができました。

この経験は、今後必ず役に立ちます。

「感動の共有」というキーワード。こんな仕事でないと味わえませんね。

ブライダル科2年生の皆さん、お疲れ様でしたsign01

感動をありがとうsign03

2017ブライダルJack②披露宴前編

2017.10.23(月)

人前挙式に引き続き、ウェディングパーティが開演となりましたnote

Photograph.RN-393.jpg

Photograph.RN-397.jpg

乾杯で祝宴がスタートbar

Photograph.RN-407.jpg

Photograph.RN-586.jpg

Photograph.RN-433.jpg

もちろん、サービスも司会もすべて学生が担当します。

そして、ウェディングケーキ入刀へcake

Photograph.RN-413.jpg

Photograph.RN-419.jpg

Photograph.RN-423.jpg

そして、ファーストバイトへ

~ファーストバイトとは...~

ケーキ入刀の後、新郎新婦がケーキの一切れをお互いに食べさせあって二人の愛情の深さをアピールする演出。

新郎から新婦への一口は「一生食べるものに困らせないから」

新婦から新郎への一口は「一生おいしいものを作ってあげる」

という意味が込められています。

基本的に新婦から新郎に食べさせる時は、かなり大きめのスプーンを使い、新郎の口いっぱいにクリームがつく位食べさせます。

Photograph.RN-436.jpg

Photograph.RN-445.jpg

そして、お二人とも中座され、お色直しへ。

会場内では、新郎のベスト&新婦のブーケ色当て抽選会が行われていましたが...

Photograph.RN-510.jpg

ベスト→グレー ブーケ→ピンク でしたsign03

Photograph.RN-515.jpg

この後余興があり、ご友人代表の挨拶へ、ピアノ&生歌もあり盛り上がりをみせた時sign01

サプライズで有名人からのお祝いビデオが上映happy01

Photograph.RN-574.jpg

なんと、アキラ100%からのお祝いビデオnotes

場内大盛り上がり(笑)いや~ヒヤヒヤしましたsmile

Photograph.RN-601.jpg

そして、セレモニーはクライマックスへ

その③へ続きます➜2017ブライダルJack③披露宴後編

2017ブライダルJack①お支度~挙式編

2017.10.23(月)

2017年10月19日(木)

プレミアホテル中島公園札幌において「ブライダルJack」が行われました。

~ブライダルJackとは~

12年前の模擬挙式、模擬披露宴から始まり、9年前より現在のスタイルである『本物の新郎新婦』を迎え、学生が打合せから、当日に至るまでの全てを執り行うリアルウェディング。

全て学生だけで行うウェディングは全国の学校機関をみても少なく、本校はその先駆けである。

今回の新郎新婦は、2年前に本校ブライダル科を卒業された卒業生のお知り合い。

お二人の想いを「カタチ」にするため、この春より打ち合わせをスタートし、いよいよ当日を迎えました。

IMG_7212.JPG

まずは、お二人のイメージをparty会場に創り上げていきます。

Photograph.RN-3.jpg

Photograph.RN-31.jpg

Photograph.RN-188.jpg

Photograph.RN-187.jpg

卓上装花はもちろん、テーブル上のアイテムも全て学生の手作り。

Photograph.RN-184.jpg

セッティング完了sign01

その裏では、お二人のお支度も同時進行shine

Photograph.RN-71.jpg

着付も、メイクも

Photograph.RN-50.jpg

全て学生が担当。

そして、ロケーションフォトへ。

Photograph.RN-106.jpg

Photograph.RN-133.jpg

Photograph.RN-137.jpg

Photograph.RN-168.jpg

さて、いよいよ挙式・披露宴が始まりますnote

Photograph.RN-234.jpg

見学するブライダル科1年生も今日はドレスアップheart04

Photograph.RN-255.jpg

会場の前には、新郎新婦と参列者で創り上げる結婚証記念品がsign01

それぞれ意味のある色とりどりの拇印を押して、ウェディングバルーンを創り上げていきますheartspadediamondclub

その頃、ブライズルームでは、「ベールダウン」が行われておりました。

「ベールダウン」とは...

ベールは清浄の象徴であり、花嫁を清め、あらゆるものから守ってくれるという意味を持ちます。

新郎のもとにたどり着くまで守ってくれる大事や役割をベールは持っています。

そのベールを、産まれた瞬間から見守ってくれたお母様に降ろしてもらい、今までの感謝の想いを言葉にします。

また、"母親が手伝う最後の身支度"とも言われています。

今まで、産まれた瞬間から一番近くで幸せを祈ってくれていたお母様。だれよりも愛情を注いでくれたお母様。

時間にするとほんの一瞬ですが、その瞬間にたくさんの想いがあふれます。。。

Photograph.RN-266.jpg

Photograph.RN-270.jpg


いよいよ人前挙式が始まりましたsign01

Photograph.RN-303.jpg

先導担当も学生が行います。

Photograph.RN-308.jpg

誓いの言葉から始まり、指輪の交換

Photograph.RN-323.jpg

Photograph.RN-332.jpg

ベールアップ&誓いのキス

Photograph.RN-343.jpg

お二人の大切な宝物(お子様)を挟んでdeliciousheart04

Photograph.RN-366.jpg

アットホームな雰囲気のなか、人前挙式は閉式となり、

引き続き同会場において、ウェディングパーティが開演となりましたsign01

続きはその②で➜2017ブライダルJack②披露宴前編

北海道新聞朝刊に掲載されました!

2017.10.20(金)

昨日今日実施した「ホテルJack」、昨日実施の「ブライダルJack」の記事が本日の北海道新聞朝刊に掲載されましたsign01

無題.jpg

どうしん電子版にも同様の記事が掲載されています(ログインが必要です)

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/139662?rct=n_hokkaido

是非、ご覧下さいnote

AO出願締め切り迫る!

2017.10.10(火)

第一期、第二期、第三期AOエントリーされた方は、10月14日(土)が出願締め切りとなります。

以下の書類をご用意のうえ、郵送、もしくは直接本校までご持参下さい。

・入学願書

・誓約書(願書裏面)

・出身高等学校調査書

・AO入学出願許可書

・入学選考料受領書のコピー

・経専学園学費応援制度利用願(該当者のみ)

※高校を卒業されている方は、出身高校の卒業証明書(卒業証書の写しでも可)と成績証明書の両方が必要となります。

1/13ページ  1 2 3 4 5 6 7


PAGE TOP

ホテル科
ブライダル科
旅行・鉄道科
エアライン科
留学ツーリズム・イングリッシュ科