学科クイックリンク

HOME > 学科・専攻 > ホテル科

ホテル科

「ホテルJack」をはじめとする“リアル実践型授業”で経験値を積むことによりお客様の求める要望・期待に応え、自ら率先して動く事ができる人材を育てる

2年間の学びの集大成
リアル実践型研修「ホテルJack」

2年次10月に実際のホテルを使用し、一般のお客様を迎え、主要3部門(宿泊・宴会・レストラン)に分かれて一連のホテルオペレーションを行います。約2カ月の事前練習と、3〜4回の現地視察を行い、当日に臨みます。

KEISEN独自の学びのシステム
「ホテルプラスワンシステム」


2年間を通しホテル業務に必要な知識と技術(外国語、宿泊、宴会、レストラン、バー、財務、総務)を総合的に学びます。1年次後期より希望する職種に合わせた専攻授業で専門知識を深めます。
[ホテル専攻]
国内外で通用する接客、サービス対応、接遇マナーを学び、ホテルのジャンルを問わず、さまざまなお客様のニーズに対応する力を身に付ける専攻です。
[リゾート・
テーマパーク専攻]
リゾートホテル、テーマパークホテルを利用されるお客様を楽しませるために、フレアバーテンディング、マジックなど、エンターテインメント性の高い技術なども修得する専攻です。

全国でも類を見ない
6回の「校外研修」を実施

授業で学んだことを実際に体感できる研修旅行を6回実施します。さまざまなジャンルのホテルでプロのサービスに触れることで学びの意欲がアップ! 将来の夢も明確になります。

研修旅行についてはこちら

道内唯一の
「OPERAシステムを導入」

世界中のホテルで使われているホテルシステム「OPERA」を導入。学生のうちに操作方法を身に付けることで、就職後もすぐにシステム操作ができます。

自分で選べる
長期インターンシップ

1年次に実施されるインターンシップは希望のホテルで実施可能! しかも全国どこでもOK! 第一希望のホテルで実施することにより、モチベーションが高い状態で実習ができます。また長期実習の中で大きく成長でき、能力や意欲を企業に強くアピールすることもできます。

毎日、現役の
「プロ」から学べる体制

現場経験者や現役ホテリエ、数多くのコンテストで受賞している経験豊富な講師陣から学べます。ホテル業界の魅力、楽しさを知り、高いモチベーションで学べます。

ホテル業界唯一の国家資格
「レストランサービス技能検定3級」合格率道内トップクラス!

ホテル科の学生全員が受験する資格です。通常授業に加え、試験前には特別授業を行うなど、万全のサポート体制を整えています。学生一人一人の理解度も踏まえ、苦手分野克服に向けた授業を実施。本番と同じ時間配分で模擬試験も行います。合格率は毎年、道内トップクラスです。

検定の内容はこちらで紹介!

業界団体、
メーカーと協同でカクテルコンペ開催

日本ホテルバーメンズ協会、大手飲料メーカー、KEISENがコラボレーションし、札幌市内のホテルで毎年イベントを開催。ここで開かれる「カクテルコンペティション」はプロの審査員の前で技術を披露できるまたとない機会。授業の成果を試せる一大イベントです。

カクテルコンペについてはこちら

「モナン・カクテルコンペティション」
学生部門4回連続グランプリ受賞!
2年に1回開催される「モナン・カクテルコンペティション」の学生部門で4年連続(H22、H24、H26、H28)グランプリ達成! KEISENではホテル必須のバーテンダー技術の習得にも力を入れています。
(右写真)オリジナルカクテル「シャルール」で、グランプリを受賞した五十嵐汐里さん(旭川永嶺高校出身)
ホテルレストランサービス全国大会で北海道初の入賞!
世界のおもてなしをリードする日本一決定戦カレッジ部門で、金野将成さん(清里高校里出身)が北海道初のベスト5入りの快挙!(平成27年3月)

Message from Teacher

稲場 啓剛先生

ホスピタリティー精神を育て
希望のホテルへ導きます

稲場 啓剛先生
「料飲実務」「料飲概論」担当

校外研修を多く実施し、ホテル業界の「今」を実感できる授業を展開しています。インターンシップ先は全国のホテルから選択可能。憧れのホテルで洗練されたサービススキルを学べます。サービスに最も必要なホスピタリティーをKEISENで身に付けましょう。

Profile
一級レストランサービス技能士であり、技能グランプリレストランサービス職種の2013年北海道代表に選出。また、北海道では数少ない、テーブルマナーマスター講師を取得するなど、レストランサービスやテーブルマナーに関する資格を多数保有。一流のホテルサービスを幅広い観点で指導している。料飲部門におけるサービススキルを競う全国大会に学生を毎年輩出。

お客様を感動させる
「一流」を目指しましょう

八重樫 猛先生
「バーテンダー実務」「総合料飲知識」担当

八重樫 猛先生
八重樫先生と
インターンシップ齊藤さん

洋酒を中心とした飲み物を作る所作の一つ一つには、意味と背景があります。私の授業では技術はもちろんのこと、酒の文化や歴史、背景も教えます。バーテンダーのテンダーは「優しさ」を意味します。お客様を感動させるおもてなしの心も学びましょう。

Profile
オーセントホテル小樽でレストラン・バーのアシスタントマネージャーであり、数々のカクテルコンペティションで受賞歴をもつ。日本ホテルバーメンズ協会認定シニアバーテンダーなどの資格を保有。平成19年PBO全国カクテルコンペティションMVB(総合優勝)受賞。

オープンキャンパスお申し込み 詳しくはこちら

ホテル科

PAGE TOP

ホテル科
ブライダル科
旅行・鉄道科
エアライン科
留学ツーリズム・イングリッシュ科