募集要項

長期留学・短期留学費用

留学ツーリズム・イングリッシュ科では、留学を見据えた語学中心の授業と、目指す職業に応じた専門分野の授業を並行して受講できます。また、留学プログラムは短期・長期の選択が可能。
現地では日本人スタッフのサポートを24時間受けられるので安心です。充実のカリキュラムにより、ビジネスレベルの語学力と専門スキルを持った人材へと成長できます。

長期留学

期間

2023年4月上旬〜2024年2月上旬(予定)

学費(参考:2023年予定)

表:長期留学・短期留学費用02
アメリカ オーストラリア

1,400,000円

1,183,000円

アメリカ・オーストラリア留学時の学費以外に必要な経費(参考:2022年予定)

出発前にかかる費用

出発前に日本円でお支払いいただきます。

表:長期留学・短期留学費用03
  アメリカ オーストラリア 備考

渡航手続き費用

約70,000円

約72,000円

ビザ(査証)の取得など、留学に必要な書類の作成および申請費用など。

SEVIS 管理費(アメリカ)、査証用健康診断(オーストラリア)を含みます。

往路航空運賃

約180,000円

-

東京/シアトル間の往路航空運賃、空港使用料、航空保険、燃油費などです。

燃油サーチャージが別途かかることがあります。

往復航空運賃

-

約175,000円

東京/メルボルン間の往復航空運賃、空港使用料、航空保険、燃油費などです。

燃油サーチャージが別途かかることがあります。

海外旅行傷害保険

約90,000円

約199,280円

海外の医療費は日本に比べ高額なため、海外旅行傷害保険に必ず加入してい ただきます。

合計

約340,000円

約446,280円

 

現地でかかる費用

現地通貨でお支払いいただきます。

表:長期留学・短期留学費用04
  アメリカ オーストラリア 備考

留学中のホームステイ費

約US $8,650

約$12,040

費用には朝昼夕の食事代が含まれており、日本でのひとり暮らしより、 むしろ安くなっています。

復路航空運賃

約US $1,200

-

シアトル/東京間の復路の航空運賃、空港使用料、航空保険、燃油費などです。各自で手配します。

教科書代

約US $600

約$100

現地校で使用するテキスト一式です。(フィールドトリップ費用含む)

合計

約US $10,450

約$12,140

参考/US$≒103円 A$≒78円(2020年12月現在)
※為替の変動により変更になる可能性があります。

日本円換算

約1,170,400円

約1,031,900円

-

パスポートは留学前に各自が取得してください。

  • これらの経費の最終金額および納入などの詳細については、1年次の後期にお知らせします。
  • これらの費用は全て実費精算となりますが、為替の変動や現地の事情によって変更になる場合があります。
  • ホームステイ先から現地校までの交通費、小遣いなど別途必要となります。

短期留学

オーストラリア/メルボルン短期留学(参考:2022年予定)

表:長期留学・短期留学費用05
期間

2022年10月上旬~12月中旬〈予定〉

留学費

現地学校費用 約570,000円

国際航空運賃 約150,000円(新千歳空港からの国内線含む)

海外旅行傷害保険 約60,000円

費用に含まれるもの

授業料・ホームステイ費用(3食付)・検定受検料・その他
※滞在中の交通費、お小遣いは含まれません。

参考

A$=78円(2020年12月現在)

パスポートは留学前に各自が取得してください。

  • これらの経費の最終金額および納入などの詳細については、1年次の後期にお知らせします。
  • これらの費用は全て実費精算となりますが、為替の変動や現地の事情によって変更になる場合があります。
  • ホームステイ先から現地校までの交通費、小遣 いなど別途必要となります。
pegetop
loading